CCかわさき

CCかわさき

川崎市環境技術情報センター
国際環境技術展2012
川崎市地球温暖化防止活動推進センター

地域で進める温暖化対策~CC等々力の取り組み

平成21年4月、ホームタウンスポーツの川崎フロンターレ、地元企業の富士通川崎工場、市内の緑化を推進している川崎公園緑地協会、そして川崎市の4者が協働して温暖化対策に取り組む「CC(カーボン・チャレンジ)等々力」が結成されました。

CC等々力の記者発表

CC等々力の記者発表

CC等々力の取組の第1弾として、川崎フロンターレのホームゲームにおいてリユース食器の導入が4月より開始されています。リユース食器は、富士通川崎工場のエコスタッフの協力によって、場内の回収場所にて回収されており、リユース食器を利用することで、場内で発生する廃棄物の減らし、CO2の削減に貢献しています。

リユース食器の回収場所

リユース食器の回収場所

場内の回収場所案内表示

場内の回収場所案内表示

また、第2弾として、7月29日(水)川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ戦において、「なかはら打ち水大作戦」が行われました。打ち水は、暑くなった地面に水を撒くことで自然の「涼」をえる、昔ながらの生活の知恵です。当日はフロンターレスクール生のほか、富士通フロンティアーズ、レッドウェーブの選手も参加して行われました。(詳しくは中原区役所HPをご覧ください。)

http://www.city.kawasaki.jp/65/65nakahara/home/nakahara19/nakahara19_01_04.htm

CC等々力を通じた温暖化対策の取組が今後も期待されます。


コメント



ページトップへ

Get Adobe Flash player