CCかわさき

CCかわさき

IMG-5137
川崎市地球温暖化防止活動推進センター

脱炭素かわさき市民会議

「脱炭素かわさき市民会議」の開催

【概要】

世界的に気候変動への対応が加速するなか、川崎市では二酸化炭素排出実質ゼロや再生可能エネルギー100%への転換を目指して取組を進めるため、脱炭素戦略「かわさきカーボンゼロチャレンジ2050」を策定されました。

脱炭素社会の実現に向け、多様な主体との協働の取組を加速化させ、川崎発のグリーンイノベーションを推進していき、市民・事業者・行政が一丸となって、2050年CO2排出実質ゼロを目指していくものです。

その中で市民がどのような社会的合意のもとで具体策を進めれるのかを検討するため、近年フランスやイギリスなど欧州で広がっている「気候市民会議※」の手法を取り入れ、「脱炭素かわさき市民会議」を開催することになりました。

※気候市民会議について                          世界的に今世紀半ばまでの脱炭素社会への転換(温室効果ガス排出実質ゼロの実現)が求められる中, 欧州の国や自治体では無作為抽出型の「気候市民会議」を開いて対策を話し合う動きが広がっています。

【選出にあたって】

会議参加者の選出にあたっては,選挙名簿から無作為抽出で選ばれた川崎市民3120人に案内を送り、応募者の中から市全体の意見となるよう性別や年代のバランスを考慮しつつ、市民60~70人を抽選いたします。

【討議の手法、論点】

暮らしの中で、どのように脱炭素戦略に向き合い、市民が主体的な行動をしていけばよいのか、行政及び専門家を交えながら6回にわたってグループ討議を行います。

<討議のポイント 例>

・暮らしの中でのCO2排出をいかに削減すればいいのか?

・消費者としてのCO2削減に向けての行動変容とは?

・移動に伴うCO2排出を削減するためには?

・建築物、都市のインフラ、そして街づくりの中でいかにエネルギー利用の効率
 化を図ればいいのだろう?

・CO2削減に向けた働き方改革するためには?

・脱炭素都市を支える電気はどこから来るのがよいのだろう? など

議論の結果を集約し、川崎市の政策に生かすため市に届けられるほか、「ゼロカーボン都市川崎への転換に向けて市民提案」として公表し、川崎における気候変動対策やまちづくりの議論に活用する予定です。

【開催予定】 2021.5ー10

4月参加市民の選出
 
5月29日(土)第1回・・・会場 初顔合わせ、川崎市に関する情報提供
6月26日(土)第2回・・・会場&Online、3時間 
 レクチャー(気候変動問題、脱炭素社会の実現のために)
7月17日(土)第3回・・・会場&Online、3時間 
 レクチャー(川崎の気候変動対策他)
8月21日(土)第4回・・・会場、午前、午後 川崎の脱炭素に向けての討議
9月19日(土)第5回・・・会場、午前、午後 川崎の脱炭素に向けての討議
10月23日(土)第6回・・・会場、午前、午後 討議の結果のとりまとめ

  ※会場は高津市民館、高津区役所、中原区役所などを予定しています。

【体制】

主催/脱炭素川崎市民会議実行委員会

   一般社団法人環境政策対話研究所

   川崎市地球温暖化防止活動推進センター(認定NPO法人アクト川崎)

   国立環境研究所、IGES(地球環境戦略研究機関)など

後援・協力(予定)/川崎市(環境局地球環境推進室)

参考:川崎市民におけるこれまでの関連活動

2017/11/11 12/2

30年後のカワサキをデザインする。

ENERGY  Work Shop in KAWASAKI

2020/12/13

市民が創る脱炭素社会

~欧州の気候市民会議に学ぶ~



ページトップへ